夏バテ・夏老けに負けない身体を作る方法ご存知ですか?旬だからこそ選ぶべき夏野菜の秘密!

こんにちは!エステティシャン長谷川です♡

今年もついに暑い夏がやってきましたが、夏バテや夏老け対策はできていますか?

美と健康を揺るがす脅威の夏に負けない身体を作って、毎日笑って余裕で過ごしたいものです。

そのため、今回はこの夏に積極的に摂りたい夏野菜についてまとめてみました♡

ぜひ明日から夏菜活を始めましょう!




旬の野菜が良い理由とは?

image
昔から旬の野菜を摂ると良いといいますが、その理由は知っていましたか?

実は野菜は旬の時期が一番栄養価が高くその時期に必要な栄養素がたくさん詰まっているんです。

夏は身体をクールダウンしてくれるものが多かったり、冬は身体を温めてくれるものが多くなっています。

季節、気候によって身体に必要な栄養素を、旬の野菜で補うことができるのです。

 

夏野菜の特徴

image
夏野菜といえば、何が思い浮かびますか?

代表的なものでいうと、

トマト、きゅうり、なす、トウモロコシ、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、ゴーヤあたりでしょうか。

 

夏野菜って食欲の落ちる夏にはぴったりの、カラフルなビタミンカラーのものが多いですよね!

ビタミンカラーは食欲を刺激してくれる色♡

さらにこれらに含まれている栄養素の効能は夏にぴったりなんです!!!

 

選んで摂りたい夏野菜別効能

image
【トマト】

ビタミンC、ビタミンE、βカロテンの三大抗酸化ビタミンを含み、さらにビタミンEの100倍以上もの抗酸化作用を持つリコピンを豊富に含む夏野菜。

動脈硬化やガン、老化防止、疲労回復に効果があると言われています。

またリコピンにはコラーゲン生成の促進効果もあり美肌にも欠かせない栄養素を持ち合わせています。

 

image
【きゅうり】

夏場汗をかいて不足しがちな、水分とカリウムを豊富に含んでいるので、炎天下での脱水症状を予防したり、塩分や老廃物を体外へ排出する作用から、むくみやすい夏の身体をすっきりとさせます。

またきゅうりにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが酢と一緒に摂ると、その酵素の働きを抑えてくれます。

 

image
【なす】

キュウリと同じウリ科の野菜で利尿作用があります。

かつてはなすは水分がほとんどであまり栄養価が高くないと言われていましたが、

なすの皮の紫色はポリフェノールの一種であるナスニンで、生活習慣病予防や抗がん作用、アンチエイジング効果があることがわかってきたそうです。

 

image
【オクラ】

ねばねばは身体に良いと近年ねばねば食品に注目が集まっていますが、そのねばねばの正体は、ガラクタン、アラバン、ペクチン、ムチンという成分。

これらには、生活習慣病予防、ガン予防、胃炎胃潰瘍予防、整腸作用、疲労回復、ダイエット効果、アンチエイジング効果があると言われています。

 

夏野菜の美味しい摂り方

image
”どうやって夏野菜を摂ろうかな。”と考えている方へオススメの夏野菜の食べ方を簡単にご紹介いたします。

 

①そのまま食べる(笑)

一番手っ取り早く誰にでもできる方法。

夏野菜の良いところは生のままで食べられるものが多いということ。

新鮮なまま、新鮮な栄養素を摂ることができるので、意外と一番美味しく効率的に夏野菜を摂る方法だと思います。

 

②夏野菜の煮浸し

さっと素揚げした夏野菜をつゆに浸けて、冷蔵庫で寝かせる。

よく冷えて、つゆを吸った夏野菜はさっぱりとした味わいで食欲をそそります。

母の煮浸しのつゆは、だし汁に、しょうゆ、みりん、砂糖少々と酢を合わせて作りますが、めんつゆを代用してもOKです。

image

なすはつゆがよく浸るように背中に切れ目を入れています。

 

③冷製パスタ

つるつるっと冷たいパスタも、暑い夏にぴったり!

パスタ麺を柔らかめに茹でてしっかり水で冷やししめたら、夏野菜と調味料でお好みにアレンジ♪

ツナ缶はそのまま食べられますし、味もしっかりしているので、合わせて使うと簡単に美味しく作れます。

あと麺は細麺の方がオススメ!

素早く芯まで冷えますし、冷製パスタのさっぱりとした味わいには細麺の方がよく合うそうです。

 

④オクラのねばねば和え

こちらはとっても簡単レシピ。

塩で軽くこすり洗いし、さっと茹でたオクラの粗熱が取れたら小口切りをし、かつお節と醤油で和えるだけ♪

そのまま食べても、お豆腐に乗せても、そうめんに合わせても美味しいです。




美味しく美と健康を手に入れる

image
”食べる”ということは生きていく上で絶対に欠かせないこと。

夏は暑くて身体もだるくなり、食欲が落ちたり、アイスクリームやかき氷についつい手が伸びてしまいがちですが、

夏野菜を上手に摂って身体の内側から健康に過ごしていくことが、いつまでも美しく若々しい女性でいられる秘訣かもしれませんね。

そして、自分だけではなく、大切な家族が元気に笑顔で夏を乗り切れるよう、是非明日から旬の野菜に手を伸ばしていきましょう♡




【follow me♡♡

BElle HP ▷http://www.salon-belle.co.jp

ameblo   ▷http://s.ameblo.jp/estheticsalon-belle

Facebook▷プライベートエステティックサロンBElle

instagram▷belle_hase

  • この記事が気に入ったらいいね!しよう♡

  • いいね!してBee-magaの最新記事をチェック♪

この記事の投稿者

長谷川由依

長谷川由依

プライベートエステティックサロンBElleのエステティシャン。
Bee-proとして、ヘルスケアや美容をテーマにblogを書いていきます♡
みなさまのお肌やお身体のお悩みに少しでも役立てたら嬉しいですっ!

この投稿者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る