なかなか消えない目元のクマ。そのケア法、間違っているかもしれません!クマの種類別ケア法教えます!!

こんにちは!エステティシャン長谷川です♡

顔の印象を決める目元。
あなたはそんな目元に頑固なクマ、ありませんか?

たっぷり寝たのに消えない…
目元専用の美容液買ったけど変わらない…
そんな思いをしている方も少なくないと思います。

実はクマには原因の異なる3種類が存在しているのです!

クマの種類に合わせて適したケアをし、印象美人を手に入れましょう♡




あなたのクマのどのクマ?
image
クマには、茶グマ・青グマ・黒グマの3種類が存在するのはご存知でしたか?

では、自分のクマはどれなのか。
わからない方も多いのではないでしょうか?

まずはじめに簡単な見分け方をご紹介します♪

 

茶グマの見分け方
目尻を横に軽く引っ張ってもクマが薄くならず、クマにファンデーションを塗ると薄くなるクマ

青グマの見分け方
目尻を横に軽く引っ張るとクマが少し薄くなり、クマにファンデーションを塗ると薄くなるクマ

黒グマの見分け方
目尻を横に軽く引っ張るとクマが薄くなり、クマにファンデーションを塗っても消えないクマ

 

これら3つのクマは原因が全く異なるため、ケアの仕方も変えなくてはなりません。

 

茶グマさんのケア方法
image
【原因】
主な原因は色素沈着乾燥
紫外線や、メイクの落とし残り、目を擦った時の刺激などが、お肌に小さなシミやくすみを作ってしまっています。
またお肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れ、メラニン色素を溜めやすくなってしまうのです。

 

【ケア方法】
①美白
色素沈着には美白ケアが有効的。
ビタミンCなど美白作用のある成分の入ったコスメがおすすめ!

 

②保湿
美白とともに忘れてはならないのが保湿。
乾燥は冬だけではなく、紫外線が強く冷房が欠かせない夏も気を付けなくてはなりません。

 

③擦らない
目の周りの皮膚は、ラップ1枚分と言われる顔全体の角質層の薄さの、さらに1/3の薄さと言われています。
とっても繊細にできているため擦ったりなどの刺激ですぐに色素沈着してしまいます。
クレンジングでついつい擦りがちになる目元ですが、細心の注意が必要なのです。

 

【オススメitem】
image
FAITH ラメラモード
プレケアエッセンス&ウォーターC

美容家の方達の愛用者も多いフェースの生コラーゲン美容液。
最近は有名誌でもよく見かけますね!

一般的にお化粧品に含まれているコラーゲンの6倍の保水力があると言われる生コラーゲンとともに、ビタミンCをお肌の深部まで即効的に浸透させてくれる美容液。
美白と保湿の欲張りケアがこれ一本で叶っちゃいますね!

 

青グマさんのケア方法
image
【原因】
主な原因は血行不良
睡眠不足やストレス、疲れなどで、血行が悪くなるとできやすくなります。
またパソコンやスマホを見る時間が長い人もできやすいです。
目の下の血行が悪くなり血液が溜まるため青っぽく見えるのです。

 

【ケア方法】
①マッサージ
血行がよくなるよう目元のツボ押しも効果的。
皮膚が薄いところなので優しく押してあげましょう。

■ツボの場所
・晴明(せいめい):目頭の少し上のくぼみ
・攅竹(さんちく):眉頭の眉間側のくぼみ
・魚腰(ぎょよう):眉の中心、黒目の真上
・糸竹空(しちくくう):眉尻辺りのくぼみ
・太陽(たいよう):眉尻と目尻の中心の少し外側の骨のフチ
・承泣(しょうきゅう):正面を見た瞳孔から下に下がった目の下にある骨のフチ
・瞳子膠(どうしりょう):目尻の外側のくぼみ

 

②温冷パック
温めるだけでもいいですが、冷やしたり温めたりすることでより血行が良くなります。

■HOW TO!
氷水で絞ったタオルと、熱めのお湯で絞るか電子レンジで1分程温めた水で絞ったタオルを用意し、目元を覆うように、温かいタオルと冷たいタオルを1分ずつ交互にのせていきます。
これを数回繰り返します。

 

③十分な睡眠をとる
とにかく疲れを取りましょう。
ゆっくりお風呂に入って、ぐっすり眠るのが一番です。
たまにはエステや整体、ヨガなどで身体の疲れを取るのもいいですね。

 

【オススメitem】
image
Exuviance デパフィング・アイ・セラム

発売直後から人気殺到のアイケアコスメ。
目元にハリを与えてくれる美容ジェルとともに、先端のローラーによるマッサージ効果でスッキリ明るい印象に。
使い続けるほどにもっちりと若々しいハリのある目元へと導きます。

■使い方
①アイセラムを上まぶたと下まぶたに1プッシュずつ、こめかみに向かって塗布。
②目の下を目頭から目尻に向かって優しくプッシュ。
③眉の筋肉をくるくるとマッサージするようにほぐす。
④こめかみを8の字を描くようにすべらせる。
⑤こめかみから目の下を通り、目の周りのぐるりとこめかみに向かって流す。
⑥これを反対の目元も同様に行う。

 

黒グマ
image
【原因】
主な原因はたるみ目の下の脂肪の少なさ

加齢により目の下の眼窩脂肪を支える筋肉がゆるみ、皮膚がたるんでしまっているタイプと、
生まれつき目の下に脂肪が少ない、もしくは加齢により目の周りの脂肪が萎縮したりたるみの影響で皮膚がへこみ影ができているタイプとあります。

 

【ケア方法】
①たるみ・ハリケア
目元にハリを出すようなアイケアコスメを使いましょう。
目元専用美容液や目元用パックなどたくさんの種類があります。
エイジングケアなどに特化しているコスメラインがオススメです。

 

②ムクミ除去
顔のムクミで黒グマが目立つこともあります。
上で紹介した温冷パックや、ムクミ解消効果のあるカリウムを積極的に摂るといいでしょう。

■カリウムの多い食品
ほうれん草・アボカド・ひじき・納豆・バナナ など

 

③プロフェッショナルケアを受ける
エステティックサロンや美容皮膚科で、専門的なケアを受けるのも1つの方法です。
日頃のケアにプラスして専門的なケアを受けることで一番改善の難しい黒グマの改善にいち早く繋げられます。

 

【オススメitem】
image
Exuviance AR アイ・コントアー

アンチエイジングに特化したARラインのアイケアコスメ。
キメを整え、明るく、すっきりとした印象の目元に導くワンランク上の目元専用保湿クリーム。

皮膚科学専門医が生み出したドクターズコスメで、”目元のたるみが凛と引き締まる実感がある”と、愛用されている方も多いコスメです。

 

こちらで紹介した商品は私のサロンでも取り扱っているので詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください♡
サロンHP ▷http://www.salon-belle.co.jp
(エクスビアンス化粧品はネットに偽物や日本人向けでない海外処方のものが出回っているそうなので正規取扱店さんで探してくださいね♪)

 




キラキラ美しい印象美人になるために
image
美しい人にはクマがありません。
目元のクマは、人を疲れさせて、老けさせて見せる原因の1つです。

自分のクマをしっかり見極めて、適したケアで、あなたも印象美人を目指しましょう♪




【follow me♡♡

BElle HP ▷http://www.salon-belle.co.jp

ameblo ▷http://s.ameblo.jp/estheticsalon-belle

Facebook▷プライベートエステティックサロンBElle

instagram▷belle_hase

Twitter▷@belle_hase

  • この記事が気に入ったらいいね!しよう♡

  • いいね!してBee-magaの最新記事をチェック♪

この記事の投稿者

長谷川由依

長谷川由依

プライベートエステティックサロンBElleのエステティシャン。
Bee-proとして、ヘルスケアや美容をテーマにblogを書いていきます♡
みなさまのお肌やお身体のお悩みに少しでも役立てたら嬉しいですっ!

この投稿者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る