お肌と睡眠の関係

みなさんは毎日熟睡してますか?(^^)

たくさん寝ても

疲れがとれてなかったり、

夜中に目が覚めてしまったりしてませんか?

熟睡できないと

肌が荒れたり、

化粧ノリが悪くなったり、、、など

感じていませんか?


私たちの体には

『免疫力』『回復力』といった、

体調を整える働きが備わっています!
しかし熟睡できないと

その働きが鈍くなってしまうのです( ; ; )
寝ている間に私達の肌は

【ターンオーバー】をしています!

肌の奥で作っている細胞を

約1ヶ月かけて表面まで持っていきます。
その際に必要なのが【成長ホルモン】
成長ホルモンが分泌されることで

肌はターンオーバーをします(^^)
ちなみに成長ホルモンが

主に分泌されるのは

寝ている間です!
成長ホルモンの分泌が減ると

ターンオーバーが遅れるので

肌のダメージやメラニンが溜まり、

シワやシミに繋がります!( ;  ; )
かといって

寝ている間ずっと

【成長ホルモン】が出ているわけではありません。
睡眠には

深い眠りと浅い眠りが

順番になって繰り返されています!

【成長ホルモン】

眠り始めて約3時間程の深い眠りの時に

沢山作られます♡




なのでただ睡眠をとればいい!

というわけではなく

リズムにあった深い眠りが大切なのです(^^)

よく聞く

『お肌のゴールデンタイム』は

22時〜2時ですが

この時間帯は肌のターンオーバーが

活発になるので、

この時間に睡眠をとると

肌が綺麗になる♡と言われてます!
ただこの時間帯に寝るのが難しいという方もいますよね( ; ; )

わたしもそうです笑
そういう方は

寝始め3時間は熟睡できるような生活パターンを身につける!

ことが大切です(^^)

そのためのポイント

①寝る前のカフェイン、アルコールは避ける

カフェイン、アルコールは

摂取すると眠りを浅くしてしまいます。

寝る前はミルクや白湯がオススメです!




②寝る前の強い光を避ける

電気を消してからのスマホも厳禁!

脳に強い刺激を与えます

③心地よい音楽、アロマを炊いて寝る

リラックス効果により

寝つきが良くなりますよ(^^)

軽いストレッチもオススメです☆
ということで寝ます♡

よい休日を👏💕

  • この記事が気に入ったらいいね!しよう♡

  • いいね!してBee-magaの最新記事をチェック♪

この記事の投稿者

矢田瑞穂

矢田瑞穂

Bee-ms group ビューティシャン。
お肌の知識、身体の中から綺麗になれる情報をお届け☆
お肌のお悩み解決アドバイザーとしても活動中。
ここでしか得られない、今日からすぐに使える知識を配信していきます☆

この投稿者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る