忘年会シーズン突入!知っておいて損はない!悪酔い・二日酔いを防ぐおつまみまとめ♡

こんにちは!エステティシャン長谷川です♡

もうすぐ12月。
今年もやってきました、忘年会シーズン!!

ついつい羽目を外して飲み過ぎてしまいがちですが、次の日には引きずりたくないですよね?

そんなあなたへ、悪酔い・二日酔いを防ぐおつまみをお教えいたします!

さりげなく対策法を取り入れ、1年の疲れを癒やす楽しい飲み会にしましょう♪




飲む直前に食べておきたい対策food
img_3273
空きっ腹にお酒は1番良くないですよね!
まずはお酒を飲む前に胃や肝臓の準備をしましょう♡

 

◼︎牛乳・チーズ
img_3274
脂肪分の多い牛乳やチーズは、胃壁に脂肪の膜を作りアルコールの吸収を穏やかにします。

 

◼︎梅干し・柑橘類の果物
img_3275
クエン酸を多く含む梅干しや柑橘類の果物は肝機能を高め、酔いをまわりにくくします。

 

◼︎お酢
img_3276
お酢の酢酸により、クエン酸同様肝機能を高め酔いをまわりにくくします。

 

飲みながら食べるべきおつまみ食材6選
img_3277
お酒の席には欠かせないおつまみ。
悪酔い・二日酔いをしにくいおつまみを選んで食べましょう!

 

◼︎枝豆
img_3278
肝機能を高めるビタミンCが豊富で、酔いの原因物質(アセトアルデヒド)の分解を促進します。
枝豆の塩茹は定番おつまみで取り入れやすいですね!

 

◼︎豆腐
img_3279
大豆に含まれる良質なタンパク質がアルコールの処理能力を高めます。
揚げ出し豆腐冷奴でどうぞ♪

 

◼︎鶏肉
img_3280
鶏肉のタンパク質に多く含まれる必須アミノ酸(メチオニン)は酔いの解消に役立ちます。
鶏の唐揚げ焼き鳥なら飲みの席に必ずある食べ物!

 

◼︎チーズ
img_3281
チーズのタンパク質は吸収率100%!
良質なタンパク質が肝臓の働きを活性化し酔いの原因物質(アセトアルデヒド)の分解を促進します。
チーズならチーズの盛り合わせグラタンピザなど様々な食べ方がありますね!

 

◼︎大根
img_3282
大根に含まれるアミラーゼというデンプン分解酵素が、酔いの解消に有効です。
サラダを選べそうなら大根サラダをチョイスするとgood!

 

◼︎あさり
img_3283
あさりに含まれるタウリンが胆汁の排泄を促し、肝機能を高めます
あさりの酒蒸しあさりバターなどがあったら要チェック!
身だけでなく、汁やダシまでしっかりいただきましょう!

 




お酒で失敗なんてナンセンス×
img_3284
気分が悪くなってはせっかくの宴会ムードも台無しです。

それぞれが自分のキャパをきちんと知り、
賢く飲んで思いっきり楽しみましょう!




【follow me♡♡

BElle HP ▷http://www.salon-belle.co.jp

ameblo ▷http://s.ameblo.jp/estheticsalon-belle

Facebook▷プライベートエステティックサロンBElle

instagram▷belle_hase

Twitter▷@belle_hase

【NEWS】
image
プライベートエステティックサロンBElleが、9月7日発売の『AneCan10月号』で「小顔エステ」で人気のプライベートサロンとして紹介されました♡
ぜひご覧くださいませ。




最後までお読み頂きありがとうございました!
よかったら下の、『この記事が気に入ったらいいね!しよう♡』をぽちりして頂けると嬉しいですっ♡♡♡

  • この記事が気に入ったらいいね!しよう♡

  • いいね!してBee-magaの最新記事をチェック♪

この記事の投稿者

長谷川由依

長谷川由依

プライベートエステティックサロンBElleのエステティシャン。
Bee-proとして、ヘルスケアや美容をテーマにblogを書いていきます♡
みなさまのお肌やお身体のお悩みに少しでも役立てたら嬉しいですっ!

この投稿者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る